誰にも聞けない指輪買取の上手なやり方とは


 

指輪買取で査定をしたいけど、お店に行くのはちょっと不安があるかも

指輪の買取で現金化したいけど、買取のお店ってちょっと行くの怖いし、もし安く買いたたかれたらどうしょう?


 

貴金属買取店長シバが教える誰にも聞けない指輪買取です!

誰もが指輪買取で失敗しないコツをまとめてみました。

指輪の買取が初めての方でも大丈夫ですよ。

貴金属買取店長シバだから教えることができる失敗をしない上手な指輪買取の仕方をお教えします。


指輪 買取 上手な

指輪 買取 イラスト


指輪買取で上手な買取の手順とは

K18指輪重さ 上手な買取


さあ、いよいよ指輪買取の準備をスタートさせましょう。

実際の手順はそんなに難しくないのですが、何も考えないでいきなり買取店へ行ってしまうと、想定外の安値で買取をされる困ったことになることもあるようです。

指輪買取では、指輪の側にダイヤモンドなどのルースが付いているものでしたら、もっと注意して買取を考える必要があります。

たとえば、プラチナPt900の指輪地金に、0.5ctのダイヤモンドルースが付いているような指輪買取の場合です。

これですと、まずプラチナPt900が何グラムあるのかをチェックし、次にダイヤモンドルース0.5ctがどのような評価になるのかを考えていきます。

指輪買取 ダイヤルース


買取店によっては多少買取金額に差異があるものの、プラチナPt900に関しては重さから計算されるわけですので簡単に比較することができますが、ダイヤモンドルースに関しては、4C評価基準を元にして計算していくわけですので、お店の鑑定士のレベルによって大きな差異が出やすい部分かもしれません。

確かに、複数の買取店を比較すればよいのでしょうが、どこも同じようなダイヤモンド鑑定士のレベルですとそんなに違いが出ないかもしれません。

最近では、わざわざお店に行かなくてもインターネットのWebページからダイヤモンドの見積もり金額ができる買取業者もありますので、今お持ちのジュエリー指輪の鑑定書(ダイヤモンド グレーディング書)や鑑別書に沿って試してみることをお勧めします。

そこで大切になるのが、カラット数、カラーグレード、カットグレード、クラリティグレードなどの4C評価です。

これに関しては、お手持ちの鑑定書、鑑別書(ダイヤモンド グレーディング書)に記載がありますので、それを参考にして記入していくと良いと思います。

他にも、ソーティング書というものもあります。

これは何かと言いますと、買取業者の多くが使用しているダイヤモンドルースの鑑定書を凝縮したものです。

指輪買取 ソーティング


もし、ソーティング書でしたら、これも鑑定書と同じ意味合いがありますので問題はありません。

鑑定書を発行する会社で有名鑑別機関は、「中央宝石研究所(CGL)の鑑定書」と「GIA(米国宝石学会)の鑑定書」のふたつです。

多くある鑑別機関の中でも多くの方から信頼をされている会社がここです。

指輪買取 ソーティング 中央宝石研究所(CGL)


同じ地区だけの比較をするのではなく、違う地域の鑑定レベルの高そうな買取会社に買取見積もりを出すということが一番のコツとなります。

万が一、このような鑑定書、鑑別書を失くしてしまった場合でも、全然心配をすることはありません。

鑑定書、鑑別書は、ダイヤモンドルースの評価を記載しているだけだで、そのダイヤモンドルースの価値が下がるわけではないからです。

たまに聞くのですが、鑑定書、鑑別書が無いことを理由にダイヤモンドの査定が減額すると言われたら注意が必要になります。

指輪 買取店


また、指輪買取をするときの大まかな流れをまとめておきましたが、指輪買取で損をしないためには、この流れに沿って必要なことを知っておくと良いかと思いました。

指輪鑑定

K18指輪買取 色石


指輪買取は壊れたものでも買取価格は変わりません

多くのお客様は、指輪の壊れで買取査定が減額になることを心配しているようです。

このことに関してですが、壊れていることを理由に安い買取になることはありません。

他にも、見た目も悪いのでこんな物でも買取ができるのかと言う方も多くいます。

元買取店店長シバは声を大きくして言いますが、壊れた指輪、切れてしまった指輪、ダイヤが取れてしまった指輪でも、けして安い買取になることは無いし、見た目が悪くても査定に影響することはまったくありません。

なぜならば、どんなに壊れていても、見た目が悪くても、一部の製品で売れる以外のほどんどは地金として溶かしてしまうからです。

壊れている、古い、石外れ指輪のたとえばをまとめてみました。
石小さめウェディング指輪 石外れたPk指輪 古いK18指輪
指輪 買取り相場

ノーブランドウェディング指輪でPtに小さ目のダイヤモンドですが買取査定には影響ありません。

k18リング 買取

k18 買取り

K18とプラチナ指輪で石が外れていますが査定が安くなることはありません。

指輪 査定

18金 指輪を売るなら

古いK18金の指輪ですが買取査定には問題がありません。

指輪 買取 相場

石外れたK18指輪 古いK18甲丸指輪 色石K18指輪
指輪 売るなら

K18金指輪で石が外れていますが買取査定には問題ありません。

金 指輪 買取

指輪売る価格

古いK18甲丸指輪ですが買取査定には問題ありません。

指輪 売却 相場

指輪重さ目安

色石付きK18の指輪ですが買取査定には問題ありません。


指輪 買取 東京


お客様からの指輪買取体験談です

元買取店店長シバは、指輪買取、金買取、プラチナ買取、ダイヤンモンド買取、指輪修理、指輪セミリフォームを長年運営してきたことで、多くのお客様の生の声をたくさん頂いてきました。

驚くくらいの声をたくさん聞いた貴金属買取の体験談でした。

前回は安い買取、今回は高い買取できるの?と、とても心配にお話をしました。

お客様の生の声から、なぜ前回は安い買取になった、をまとめてみることにしました。

ダイヤモンド 指輪 買取


たとえば、
  • 対応した買取査定士にうまく乗せられたとか
  • 壊れている、見栄えが悪いで安くなったとか
  • 新聞チラシでは高い買取とあったが、行ってみたら違ったとか
  • 買取アップ20%アップと言われたが実は安かったとか
  • 自宅で計量したときと重量が違うとか
  • 友人、知り合いを紹介したら、買取をさらに20%アップするとか
と、多くのお客様の買取に対しての切実な声が溢れていました。

そんな理由から、買取の不安、買取の心配を、皆さんの買取体験談で共有することで、少しでも指輪買取で失敗することがないようにと考えました。

そして、元買取店店長シバが、どうしたらもっと上手な買取ができるのかを、助言してみようと思いました。

お客様からの指輪買取体験談


買取店長シバからの指輪買取体験談です

ここでは元買取店店長シバがお客様と接客していて、気になったことを体験談としてまとめてみました。

ただ、お客様から聞いた体験談の話をそのまま掲載したわけではなく、元買取店店長シバがここだけは知っておくと良い、と思った部分だけを店長シバなりに助言としてまとめてみました。

買取店長シバタの買取体験


指輪買取りで失敗をしない知識を学ぶとは

指輪買取では、ともかく失敗しないことが一番です。

失敗しないということはどのようなことでしょうか。

相手はプロの査定士、こちらは何も知らない素人です。

プロの査定士にとっては、何も知らないカモが葱をしょってきた、っていう感じのお店もあるかもしれません。

プロの査定士の多くは、お客様の言動から指輪買取のことを、どれくらい知っているのかをまず判断しようとします。

些細な会話からも、お客様の指輪買取の知識を探るのです。

指輪買取 指輪 買い取り


お店によっては、プロの鑑定士に買取の知識が無いことを確信されたら、「コイツ、指輪買取りのこと何も知らないじゃん!」で、間違いなく安く買いたたかれる原因になるかもしれません。

どうしたら失敗しない指輪買取を高い買取にするのかです。

それは、プロの鑑定士に知識が無いことをわからせないようにするために、必要以上の会話を意識してしないとか相手の簡単な質問にももろくに返答をしないとかどのお客様に対してもフェアなお店を見つける、ということしか思いつきませんでした。

できれば、最初っからお客に対してフェアのお店を見つけることができればなんの苦労もないのですが、簡単にはそうはいかないのが現実のようです。

ですの、指輪買取で知っておきたい買取の知識だけを学んでおきましょう。

指輪買取りで失敗をしない知識とは


指輪買取方法のメリット、デメリットとは

指輪買取にはいくつかの買取方法があることを知っておきましょう。

簡単に言えば、店頭買取、郵送買取、出張買取の3つ種類です。

先にも言った通り、すべてのお客様に対してフェアな買取をしている業者でしたら問題はないのですが、そうでないことを想定して、それぞれの買取方法のメリット、デメリットがあることも知っておきましょう。

指輪買取の種類のメリット、デメリットとは


指輪買取鑑定士のプロの目線とは何なの?

指輪買取鑑定士のプロ目線を知る?なんて難しいことも考えてみました。

なぜプロの鑑定士目線を知ることが大切なのかですが、プロの鑑定士、買取会社によって査定金額に差異があることがあるからです。

これは鑑定士、会社会社のモラルの問題にも関係した部分になるのかもしれませんが、今日初めて会ったお客様の意向を大切にするのか、それとも会社側の要望を取るか、と考えてみるとわかるかもしれません。

できれば、査定士としては少しでも多くの利益をだすことで自分の存在感を会社にアピールすることを考えることもある、と言うわけです。

何度も言いますが、これはモラルの問題であり、査定士、買取会社によってはフェアな買取をしている会社が多いと思うのですが、その反面アンフェアーな買取をしている会社の存在も少なくあるようです。

ですので、買取を希望する方もいつまでも素人ではいけないというわけです。

指輪買取、そして鑑定のすべてを学び必要はないのですが、その大切な部分だけでも学んでおくことで、その結果として高い買取をするこができるならば、嬉しいことではないでしょうか。

そんな理由から、プロの鑑定士の目線を知るをまとめてみました。

指輪買取鑑定士の目線とは


結婚指輪 婚約指輪の高額買取、買取店長シバが気になる買取業者


買取店店長シバがお勧めできるのはこの業者です。



アクセサリー買取の買取プレミアム


買取店店長シバが選んだ理由とは

買取店店長シバが一番に選んだ理由とは、買取プレミアムは業界内でもトップシェア級の規模を誇る高価古物買取業だからです。


大手買取店だからすべて良いというわけではないのですが、高い査定スキルとお客様の側に立った買取ができることを一番にして選ぶことにしましょう。


大手買取店を選ぶときのコツをまとめてみました。


  1. 鑑定スキルが高い。
  2. 多くの種類の指輪査定が可能であること。
  3. 他店より買取金額にこだわりを持っていることが。

大手買取店のメリットばかりとなってしまったのですが、小さい買取店によくある査定スキル不足による安い買取のリスクを大手買取店では低いということです。


どうして査定スキルを問題にするのかといいますと、査定スキルが足らなければそれを補おうために査定金額を下げて買取をするしかないからです。


以前ですが、ある買取店で「アトK」と査定をされただけで減額になったことがありました。


指輪買取は、金、プラチナなどのように地金ベースだけで造られた指輪だけでなく、PK(金・プラチナコンビ 下写真を参照)、ダイヤモンド付、メレダイヤ付き、色石付き、刻印の無いオリジナルなもの、刻印すら無い吹き固めで作られたもの、アトKの刻印のように作られた場所による含有量の違い、試金石鑑定でもわからない厚めの金張り製品(偽物)と、そもそも贋作などに対応した買取をするためには高い査定スキルが必要な場合が多いからです。


指輪買取であなたは大失敗!本気で高く売るためのコツとは


特に、贋作を作ることを目的にしている業者もいて、それこそ凄い製造技術を持って贋作をつくりますので、査定レベルの低い買取店ではともて歯が立たない場合があります。


その点、多くの査定の経験を学んでいる大手買取店ならば、多少は、安心して買取をすることができるということです。


高い鑑定スキルを持った買取業者に査定を依頼することで、その分買取価格も高くなるということが言えるわけです。


鑑定スキルの高い業者=高額買取  鑑定スキルの低い業者=安い買取


買取店長シバの買取をする前のチェックポイント

  1. HPでは「会社概要」もチェックしましょう。

    どんな会社なのかを判断する材料にもいならからです。
    会社概要のチェックポイントは、住所、取引先、取引ジャンルなども調べてみると良いと思います。

  2. 自分の指輪の傷、イニシャル刻印、新品購入時の箱、鑑定書の有無で査定金額に違いがあるので事前に確認をしておきましょう。
  3. 郵送買取をするのであれば、自分の指輪の重さくらいは簡単なハカリでもOKですので確認をしておきましょう。
  4. 指輪買取をする際は、査定料の有無、送料金額、梱包キットの有無、振込み手数料なども確認しておきましょう。

    万が一何かの事故があった時の保証も確認をしておくことが大切です。


特に、PK(金/プラチナのコンビ)で失敗をしない買取をする方法とは

PK


PKの写真

上記の写真にあるようにPKとは金とプラチナのコンビで作られた指輪のことです。


たとえば、K18 が〇%、Pt900が〇%とそれぞれの貴金属割合で作られていて、その含有量に合わせて買取金額を計算していくわけです。


多くの買取店では、Pt900/K18 Ptメイン、Pt900/K18 半々、Pt900/K18 Kメイン、Pt850/K18 Ptメイン、Pt850/K18 半々、Pt850/K18 Kメインなどのように、金とプラチナの割合から買取金額を計算する場合がほとんどなのですが、お店の買取リスクを少なくするためにお店有利に買取査定をする場合もあるようです。


これに対処する方法は、郵送買取でしたら事前に写真を撮っておいて、自分なりに割合がどのくらいなのかチェックしておきましょう。


あくまでもお店有利に買取査定される場合の対応策というわけですが、素人査定でも割合に関してはそんなに差があるわけではないからです。


もし、このとき自分の割合と査定計算が大きく違うのならば、しっかりと査定金額にクレームをすることも大切です。


貴金属買取業者も買取をしてなんぼですので、それなりの理由があるならば交渉には必ず対応するからです。


もし、そのような提案を拒否するならば、即他のお店に行くことにしましょう。


K18指輪 買取価格


K18リング 買取


18金 指輪 買取価格
TOPへ