指輪買取をしてもらえる指輪の素材とは?

指輪買取 査定

指輪買取で買い取りしてもらえる指輪の素材は?

 

指輪 買取

デザインが古くなってしまった、サイズが合わなくなってしまったなどの理由で指輪を処分するなら、買取サービスを利用すれば現金に変えることができます。

 

しかし折角売るなら高い値段で買い取ってほしいと思うものです。

 

指輪買取にはいくつかポイントがあります。

 

指輪に使われている石も大切ですが、それとは別に地金部分に何の素材が使われているかということもポイントになります。

 

実際の手順ではこの二つを個別に考え、地金部分は重量を計算することで、石に関しては専門の鑑定士が鑑定することで買い取り金額が決定します。

 

指輪の地金部分の鑑定では、まず使われている素材を確認します。

 

材質としてポピュラーなのはシルバー、ゴールド、プラチナなどです。

 

これは指輪に押されている刻印で確認することができます。

 

銀であればSv、金ならばK、プラチナならばPtという刻印が刻まれています。

 

PGはピンクゴールド、WGはホワイトゴールドを意味します。

 

刻印が2つ以上押してあるものはコンビネーションと呼ばれ、簡単にはPKとかコンビという言い方をします。

 

これは異なる種類の金属がつかわれていることを意味します。

 

その後ろに続く数字は純度を示します。

 

基本的に純度が高ければそれだけ高い値段で買い取ってもらうことが可能です。

 

この刻印を元にすれば、地金部分についてはおおよその査定額を知ることができます。

 

簡易査定に納得がいった場合は比重計で純度を確定してもらい、刻印と実際の比重が一致すればその値段で買い取ってもらえます。

 

なお、シルバーはあまり価格変動がありませんが、ゴールドとプラチナは相場があるので一日に数回価格変動があることを覚えておきましょう。

 

指輪買取では、買い取ってもらえない指輪もあります。

 

多くの業者で買取不可となっているのがメッキ製品です。

 

これは異なる金属の表面にのみゴールドなどをコーティングしたもので、GP、PF、GF、といった刻印が押されています。

 

また、業者によってはシルバー製品を買取不可としているところもあるため、事前に確認しておくとスムーズです。

 

元買取店店長シバの一言

 

元買取店店長シバのお店にですが、忘れたころにこのようなPKの指輪買取がありました。

 

昔流行った金とプラチナがコンビになったPK指輪の買取です。

 

石が付いていることは少なく、リングの部分がPKになっていると言うことですので、ほとんどの場合が結婚指輪のことが多かったように思います。

 

鑑定で問題になるのは、指輪の中に混じっているプラチナと金の割合に関してです。

 

金とプラチナのそれぞれを別々に分離して重量を計るわけにいきませんので、熟練した鑑定士がそれぞれの重量を大まかに決めることになります。

 

どうなるのかと言いますと、ほんとに微妙なのですが、ほとんどの鑑定士はお店に損が無いように計算をする場合が多いのではないでしょうか。

 

大まかにとか、微妙とか、鑑定士の判断のように抽象語を並べたわけですが、事前に下記の6つの基準をお客様側が知っていたらどうなるのでしょうか、と言うことです。

 

Pt900/K18 Kメイン」と鑑定士が言ってきたら、「いや、Pt900/K18 半々に近いのでは?」と言い返すことができるようになります。

 

あくまでもこの時の判断は鑑定士側のお店が損をしないようにという大まかなものですので、やや理屈にかなっているぐらいならば無視をすることはできません。

 

逆に言えば、ここまで専門的なことに関してお客様側が知っているのならば、それは仕方ないとしてマイナスにならない程度ならばお客様のご意向に沿う方になるのではないでしょうか。

 

もちろん、これを知らなくても買取価格は出せますが、知らない部分がマイナスになるということを覚悟しておくことです。

 

あなたが、PKの指輪をもっているのならば、是非にでも下記の買取基準を参考にして高い指輪買取を目指しましょう。

 

指輪買取の追記 その1です

 

指輪の買取を予定されているのでしたら、毎日変動する貴金属買取相場を気にしておくことが大切です。

 

なぜならば、金、プラチナ相場は毎日変動があるからです。

 

毎日変動する理由は、世界の経済の事情もあるますし、昔から言われる「有事の金」の意味合いもあります。

 

もし、そんなときに指輪買取の予定があり、買取店に行ったときに金、プラチナ相場の変動に詳しかったら、相手の査定士に少しだけプレッシャーをかけることができるからです。

 

相手の査定士としては、「この人ちょっと知っているな、いい加減に査定金額を出すとダメ出しを言われそうだな」と思うからです。

 

つまり、ちょっと厄介なお客と見られるわけです。

 

また、査定士は、お客様の話す内容を聞かないふりをしてしっかりと聞いています。

 

ですので、肝心なことは話でも大丈夫なのですが、余計なこと、雑談に近いこと、なぜ売りに来たかの個人的な事情などは、できるだけ話さないようにしましょう。

 

相手の査定士と仲良くなりにお店に来たわけではないからです。

 

あなたのお店に来た目的は、指輪買取で高い査定を出してもらえることだけだからです。

 

ここまで書いていて元買取店店長シバは、フッと頭をよぎったことがあります。

 

何かといいますと、厄介なお客に対してのことです。

 

人は人に育てられると良くいわれる言葉ですが、元買取店店長シバは多くの厄介なお客様に育てられてきました。

 

もし、このようなお客様がいなければ、ここまでの査定士としての腕は身につかなかったように思います。

 

ある意味、ほんとに感謝ということになるわけです。

 

どうもありがとうございました。

指輪買取をしてもらえる指輪の素材とは?

TOPへ