手入れしてない指輪は買取時に査定額が下がる?

指輪買取 手入れ

手入れしてない指輪は買取時に査定額が下がる?

 

指輪 買取

指輪買取で指輪を売るなら、
事前に手入れをしっかりしておく事が大切です。

 

良好な査定額が期待できますので、
指輪買取を利用する前に必要な準備の1つとして行いましょう。

 

元が綺麗な指輪であっても、
状態によって買取価格は異なる事があります。

 

汚れている状態で査定を受けるのはもったいない事です。

 

例えば、ダイヤモンドの指輪を売却する際は、
ダイヤに付着した汚れをしっかり取り除いておくと良いでしょう。

 

ダイヤモンドは親油性で、意外に油汚れが付着しやすい宝石です。

 

例えば、人間の皮脂も付着して汚れの要因になりますし、
化粧に含まれる僅かな油分も汚れとして蓄積していく要因になります。

 

こうした汚れを取り除くのに有効な洗浄方法を覚えておくと、
指輪買取を利用する際に役立つでしょう。

 

家庭でも簡単にできるメンテナンス方法として、
中性洗剤を利用したものがあります。

 

ぬるま湯に中性洗剤を少しだけ入れて、
指輪をしばらく漬け置きしましょう。

 

ある程度の時間を置けば、酷い汚れも取り除きやすくなります。

 

漬け置きが終わったら、柔らかい歯ブラシに中性洗剤を少しだけつけて、
優しく撫でるように指輪を洗いましょう。

 

最後に、ぬるま湯ですすいで毛羽立ちのない柔らかな布で水けを吸い取って完了です。

 

キッチンペーパーでも代用できます。

 

ある程度水気が取れたら、
ドライヤー等で乾燥させて仕上げとなります。

 

これで簡単にできるメンテナンスは完了です。

 

汚れを取り除き、指輪の輝きを取り戻す事ができるでしょう。

 

手入れの際の注意として、
指輪に固定してある宝石が流されないように注意すべきです。

 

指輪を洗っている間に、宝石が外れてしまう危険があります。

 

排水溝にネットを張ったり、ボウルの中で作業したり等して、
万が一外れても紛失しないようにしましょう。

 

少しの配慮や工夫で、指輪が持つ高い価値を守ることができます。

 

1つの宝石の有無が査定額に影響してきますので、
手入れの際は油断をしないように気を付けましょう。

 

また、宝飾にはそれに合った洗浄方法があります。

 

洗浄方法をまとめてみましたので、
参考にしてください。

 

何を言いたいのかと言いますと、
宝飾の多くは過剰なクリーニングをしてはいけないと言うことです。

 

やりすぎなクリーニングは絶対にしてはいけません。

手入れしてない指輪は買取時に査定額が下がる?

TOPへ