金地金とプラチナ違いの指輪買取価格の違いとは

指輪買取 金

指輪買取、地金がプラチナか金がでどれくらい買取額は変わる?

 

指輪 買取

自宅に使っていない指輪があるという女性もいるのではないでしょうか。

 

アクセサリー類はファッションアイテムの一つであり、流行もあるものです。

 

また、自分のファッションスタイルが変わってしまったことによって合わなくなってしまうということもあり、
けれども高価なものでもあるので処分するにも迷ってしまいがちです。

 

そのままにしておいて使わないのであれば売ってしまえば、
新しくお気に入りの指輪を購入する時の足しにすることができます。

 

指輪を売るなら、
どの店舗を利用するかというのは非常に重要になってきます。

 

とくに、宝石が付いているものであれば、
貴金属買取と宝石買取の両方を行っている店舗を選ぶようにします。

 

指輪買取では、
宝石部分の価格と地金部分の価格を合わせて買取が行われます。

 

地金部分は、
種類や純度、重さによって買取が進められます。

 

つまり、金とプラチナではグラムあたりの査定額が違ってきます。

 

同じ大きさに見えてもプラチナの方が比重が重いので、
大きさの割には高く買取ってもらえる可能性が高まります。

 

しかし、これは純度にもよるものであり、純度が高いほどに価格は高くなります。

 

アクセサリー類の場合、
そのままの地金であれば日常的に使用するには強度が足りないということもあります。

 

また、ファッション性を高めるために色を付ける目的で他の貴金属が混ぜられるということもあります。

 

そのために、純度100%というのはアクセサリー類としては少ないものです。

 

店舗によってはあまりに純度が低いものであれば買い取り不可能というケースもあるので、
純度の確認は重要です。

 

純度の確認は、
日本で造られたものや、大きな国で造られたものには
指輪が肌に触れる裏側の部分に刻印がされています。

 

一部の国で造られたものには、刻印すらされていない場合があります。

 

プラチナであれば、PTというアルファベットの後に書いてある数字が純度であり、
1000が純度100%ということになります。

 

つまり、地金部分に関しては、刻印から純度を確認しておいて、
重量と今日の買取相場かわかればおおよその買取価格を計算することができます。

 

元買取店店長シバタのお勧めは、
家で地金部分の買取金額を計算しておくことです。

 

一方、宝石部分は相場表がないので一目で価格をチェックする方法がありません。

 

専門の鑑定士がいる店舗を利用すれば、正しい価値で評価をしてもらえます。

 

ただ、問題なのは鑑定士のレベルが違うことやお店の方針によって、
お店によって買取価格に違いがあることです。

 

これに対しては、できれば都心のお店を場所を変えながら、
複数のお店で鑑定見積もりをしてもらうことをお勧めします。

 

都心で場所を変えて複数と言いました中には、
大手買取業者も含まれているのですが、
大手だから買取が高いということはありません。

 

なぜならば、大手だからこそ広告費にはじまる運営コストが
余分にかかっていたりする場合があるからです。

金地金とプラチナ違いの指輪買取価格の違いとは

TOPへ