ダイヤの大きさで指輪買取の査定額はどれくらい変わる?

指輪買取 ダイヤ大きさ

ダイヤの大きさで指輪買取の査定額はどれくらい変わる?

 

指輪 出張 買取

高価な貴金属アクセサリーを売ることになった時、少しでも高値で売りたいと誰もが思うはずです。

 

しかしながら、その査定にはある程度の基準があるため宝石の装飾がなされたアクセサリーだからといって、必ずしも高値がつくとは限りません。

 

宝石の代表であるダイヤには明確な基準があり、その装飾がなされた指輪が買取査定される時、ランクによって額は大きく変わります。

 

指輪買取 ダイヤモンド

 

ダイヤのクオリティは「4C」と呼ばれる基準をもとにつけられ、それぞれCarat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティ)、Cut(カット)を意味しています。

 

Caratとは重さの単位で1 Caratは0.2gに相当します。

 

一般的に知られた基準であり、これは大きさを意味しているため値が大きければ大きいほど高値で取引きされます。

 

続くColorは色を表し、通常D~Mまでのアルファベットで表記されます。

 

無色透明で一番ランクの高いものにはDが付けられ、黄色が増すごとにランクは下がりアルファベットがE、F・・・と下がっていきます。

 

Clarityとは内包物を意味しており、内包物が無く1番高いランクをIFと表記し、それ以下はVVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2とランクが下がっていきます。

 

最後は形を意味するCutですが、これは最高ランクのExcellentに始まりVeryGood、Good、Fair、Poorという評価がつけられます。

 

以上が主な基準でありますが、一般的によく知られた基準であるカラットは査定でも特に見られるポイントで、例えばCarat以外のCが同じグレードだった場合でも、サイズが2倍になれば額が3倍以上にもなるという額を公表している買取店もあるほどです。

 

主な査定基準はこの4Cですが、その他にもガードルの厚さやキューレットの大きさ、対称性、蛍光性などのポイントをそれぞれ評価して指輪の価値を確定させます。

 

特に指輪の装飾としてのダイヤであればそのランクが査定額に影響を与えることはもちろんですが、それだけでなく周囲の装飾のクオリティも査定額に影響しますし、指輪の貴金属、そして全体のデザインまでが指輪買取の査定額に含まれます。

 

また、最初の「ダイヤには明確な基準があり」と書いたのですが、明確な基準があってもそれを反映するにはお店によって買取価格に違いがあります。

 

簡単に言えば、お店によって明確な鑑定基準の解釈に違いがあると元買取店柴田は思います。

 

解釈の違いとは、鑑定士のレベルの違いであったり、お店の買取方針が利益を出すためのものであったり、そこはお店によっていろいろな事情があるからです。

 

それではどうしたら高い買取ができるのかは、高価な貴金属アクセサリーだからこそ真の価値を正しく評価してくれる買取専門店を選ぶことが大切ですし、査定に出す際には持ち主の知識も重要になるため査定基準を知っておく必要があることです。

ダイヤの大きさで指輪買取の査定額はどれくらい変わる?

TOPへ