嬉しくなった店長シバの買取体験談その1

指輪買取 体験談

嬉しくなった店長シバの買取体験談その1です

 

鑑定をさせていただいている店長シバもこんな嬉しくなるような鑑定があった、
なんて話をいくつか紹介していきます。

 

指輪 買取

手始めに、店長シバの嬉しくなった買取体験談その1です。

 

当買取店に来店された男性の方のお客様の言葉です。

 

指輪を売りたいそうです。

 

早速店長シバが鑑定をしましたところ、
その指輪はK10でメーカーは4°Cでした。

 

あの若い方に絶大な人気のあるブランドメーカーです。

 

K10 4°C

 

指輪 4°C

 

鑑定をしながらですが、
売る理由なんかも聞いてみました。

 

すると、面白いお話を聞けたのですが、
この指輪は以前彼女が付き合っていた彼氏からプレゼントされたものだそうです。

 

そこにはいろいろとあったわけなのですが、
今の彼氏と真剣に付き合うために、以前の彼氏からもらった指輪の処分今の彼氏にお願いしたらしいです。
彼氏曰く、「海に投げて捨てたかった」そうです。

 

ちょっと気を取り直して、指輪の売却を考えたそうです。

 

前の彼氏の指輪を売却して、
そのお金で今の彼女と飲みに行こうと思った、と話していました。

 

前の彼氏の指輪で飲み倒してやる」と言った感じでしょうか。

 

管理人シバは、その気持ちが分かります。

 

どうしてかと言いますと、
管理人シバにも同じような熱い話もあったからです。

 

でも、それは昔の話です。

 

そんなわけもありまして、当店での買取となったのですが、
もうひとつ店長シバが嬉しくなる面白い話がありました。

 

当店の内装である色のブルーが海の色とダブッたからだそうです。

 

そのお客様は、当店に入った瞬間、海を思い描いたそうです。

 

別に、店長シバとしましては、お店の内装を海とダブらせたわけではないのですが、
指輪を売ると言うことが当店の内装色と重なったことが逆に嬉しいとも思いました。

 

ですが、当店は、けして海ではありません。

 

指輪を投げ捨てる海でもないわけですので、
しっかりと売却する場所を考えてお金にすることをお勧めします。

 

海

 

さて、鑑定の結果に関してですが、
指輪の刻印K10とあるように、この種別での買取となりました。

 

プラスの話となるのですが、
K10はそんなに高い買取となりませんが、
彼氏が買取に持ち込んだ相場のタイミングが絶妙でした。

 

なんの話かと言いますと、
北朝鮮のミサイル騒動の真っ最中だったからです。

 

金は有事の金と言う言葉があります。

 

つまり、思いついたときに指輪買取に行くのではなく、
しっかりと世の中の情勢や相場を気にしながら指輪の売却をすることが大事と言うことです。

 

実際では、K10の指輪の重量は2グラムでした。

 

指輪についていたダイヤモンドは鑑定の結果本物でしたが、
サイズがあまりにも小さいことからルース査定とならず、
メレダイヤ査定とさせていただきました。

 

その結果ですが、
支払い価格は、地金部分がメインの計算となり4600円を超える金額となりました。

 

指輪 買取

 

当店では、大手貴金属買取会社と同額の買取を実現していることから、この金額となったわけです。

 

ここでの教訓はふたつです。

 

思ったときに指輪の買取に行くのではなく、
しっかりと世の中の情勢や相場を気にしながら指輪の売却をすることと、
買取をするお店を選ぶことの2点が大切ということです。

嬉しくなった店長シバの買取体験談その1

TOPへ