店頭指輪買取でのメリットとデメリットとは

指輪買取 店頭

店頭指輪買取でのメリットとデメリットとは

 

指輪買取 お客様

店頭での指輪買取とは、お客様が自分の足でお店に行っていただき、
お店の店頭で買取をしてもらう方法を言います。

 

店頭買取は多くの方が体験している方法なのですが、
このような店頭買取にもメリットとデメリットがありますので知っておくことにしましょう。

 

店頭買取のメリットとは

 

1、適正買取価格を知っているならば、という条件が付きますが、
見積もりの結果、買取価格に納得がいかない場合でも、
それほど苦労をしないで買取りを断ることができることです。

 

2、近くに同じような買取店があるならば、
同時に複数の見積もり比較をすることでより高い買取価格になることができることと、
適正買取価格を知ることができます。

 

3、買取したお金は、基本その場で受け取ることができますので、
お金に関してのトラブルが少ないことです。

 

4、適正買取価格を知っているならば、という条件が付きますが、
買取の交渉では、相手と対面で交渉できるため、
気楽に交渉ができるメリットがあります。

 

店頭買取のデメリットとは

 

1、適正買取価格を知らなければ
簡単に相手に足元を見られて安い買取りになることがあります。

 

2、買取で交渉をすることが不得手ならば、
逆に相手の弱みにつけ込まれて安い買取になることがあります。

 

買取店店長シバの店頭買取でのメリット、デメリットはいかがでしたでしょうか。

 

極端な話になるのですが、
適正買取価格を知らなければどの方法の買取を選んだとしても、
安い買取になることは間違いありません。

 

それではどうしたら良いかです。

 

適正買取価格を知らなければを解消するためには、
複数の買取の査定見積もりを繰り返しましょう。

 

多少嫌がられても、高い買取にするにはこの方法しかありません。

 

近くのお店で見積もりをするだけではなく、
もう少し手間をかけて、異なる地区や異なる都市部の買取店を何件も査定見積もりしましょう。

 

大手、中小の買取店の差異も関係ありません。

 

ともかく、高い買取店を多くの買取業者から選ぶ手間は、
高い買取をするには必須と元買取店店長シバは思います。

 

結婚指輪 婚約指輪の高額買取、買取店長シバが気になる買取業者


買取店店長シバがお勧めできるのはこの業者です。



アクセサリー買取の買取プレミアム


買取店店長シバが選んだ理由とは

買取店店長シバが一番に選んだ理由とは、買取プレミアムは業界内でもトップシェア級の規模を誇る高価古物買取業だからです。


大手買取店だからすべて良いというわけではないのですが、高い査定スキルとお客様の側に立った買取ができることを一番にして選ぶことにしましょう。


大手買取店を選ぶときのコツをまとめてみました。


  1. 鑑定スキルが高い。
  2. 多くの種類の指輪査定が可能であること。
  3. 他店より買取金額にこだわりを持っていることが。

大手買取店のメリットばかりとなってしまったのですが、小さい買取店によくある査定スキル不足による安い買取のリスクを大手買取店では低いということです。


どうして査定スキルを問題にするのかといいますと、査定スキルが足らなければそれを補おうために査定金額を下げて買取をするしかないからです。


以前ですが、ある買取店で「アトK」と査定をされただけで減額になったことがありました。


指輪買取は、金、プラチナなどのように地金ベースだけで造られた指輪だけでなく、PK(金・プラチナコンビ 下写真を参照)、ダイヤモンド付、メレダイヤ付き、色石付き、刻印の無いオリジナルなもの、刻印すら無い吹き固めで作られたもの、アトKの刻印のように作られた場所による含有量の違い、試金石鑑定でもわからない厚めの金張り製品(偽物)と、そもそも贋作などに対応した買取をするためには高い査定スキルが必要な場合が多いからです。


店頭指輪買取でのメリットとデメリットとは


特に、贋作を作ることを目的にしている業者もいて、それこそ凄い製造技術を持って贋作をつくりますので、査定レベルの低い買取店ではともて歯が立たない場合があります。


その点、多くの査定の経験を学んでいる大手買取店ならば、多少は、安心して買取をすることができるということです。


高い鑑定スキルを持った買取業者に査定を依頼することで、その分買取価格も高くなるということが言えるわけです。


鑑定スキルの高い業者=高額買取  鑑定スキルの低い業者=安い買取


買取店長シバの買取をする前のチェックポイント

  1. HPでは「会社概要」もチェックしましょう。

    どんな会社なのかを判断する材料にもいならからです。
    会社概要のチェックポイントは、住所、取引先、取引ジャンルなども調べてみると良いと思います。

  2. 自分の指輪の傷、イニシャル刻印、新品購入時の箱、鑑定書の有無で査定金額に違いがあるので事前に確認をしておきましょう。
  3. 郵送買取をするのであれば、自分の指輪の重さくらいは簡単なハカリでもOKですので確認をしておきましょう。
  4. 指輪買取をする際は、査定料の有無、送料金額、梱包キットの有無、振込み手数料なども確認しておきましょう。

    万が一何かの事故があった時の保証も確認をしておくことが大切です。


特に、PK(金/プラチナのコンビ)で失敗をしない買取をする方法とは

PK


PKの写真

上記の写真にあるようにPKとは金とプラチナのコンビで作られた指輪のことです。


たとえば、K18 が〇%、Pt900が〇%とそれぞれの貴金属割合で作られていて、その含有量に合わせて買取金額を計算していくわけです。


多くの買取店では、Pt900/K18 Ptメイン、Pt900/K18 半々、Pt900/K18 Kメイン、Pt850/K18 Ptメイン、Pt850/K18 半々、Pt850/K18 Kメインなどのように、金とプラチナの割合から買取金額を計算する場合がほとんどなのですが、お店の買取リスクを少なくするためにお店有利に買取査定をする場合もあるようです。


これに対処する方法は、郵送買取でしたら事前に写真を撮っておいて、自分なりに割合がどのくらいなのかチェックしておきましょう。


あくまでもお店有利に買取査定される場合の対応策というわけですが、素人査定でも割合に関してはそんなに差があるわけではないからです。


もし、このとき自分の割合と査定計算が大きく違うのならば、しっかりと査定金額にクレームをすることも大切です。


貴金属買取業者も買取をしてなんぼですので、それなりの理由があるならば交渉には必ず対応するからです。


もし、そのような提案を拒否するならば、即他のお店に行くことにしましょう。

店頭指輪買取でのメリットとデメリットとは

TOPへ